イベントを読み込み中

« すべてのイベント

Live Electronica by TDME 2017 “patten AV LIVE TOUR 2017 in TOKYO”

2017/12/01

イベント ナビゲーション

エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカに次ぐ才能、パテンの再来日公演が決定!
東京公演には今年9月にパテン主宰のレーベルKaleidoscopeから3年ぶりのミニアルバムをリリースしたSapphire Slowsが共演決定!

GUEST:
patten
Den Sorte Skole
Sapphire Slows

OPEN 18:00/ START 18:30 – CLOSE 21:30
ADV: 2,500yen
DOOR: 3,000yen
※別途1d: 600yen

詳細

日付:
2017/12/01
イベントカテゴリー:
,

patten | パテン

ロンドンを拠点とする新鋭プロデューサー、パテン。2006年にレーベル【Kaleidoscope】を設立しリリースした初期作品が高く評価され、グライムスやナイト・ジュエルらを輩出し、新人発掘に定評がある【No Pain In Pop】からデビュー・アルバム『GLAQJO XAACSSO』をリリース。ロンドンに無数に存在する異なるアンダーグラウンド・シーンが交差する場所から生まれた唯一無二の才能と称され、エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカらを引き合いに、【Warp】黄金期に通ずる実験性と音楽性の高さが絶賛された。2013年11月に【Warp】との契約を発表すると同時に、【Warp】からのデビュー作となるEP作品「EOLIAN INSTATE」を発表。その一週間後には、【Warp】と国立美術館のテート・ブリテンがコラボレートして開催したオーディオ・ヴィジュアル・イベント【Warp x Tate】に、ターナー賞も受賞している現代芸術家ジェレミー・デラー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ハドソン・モホークらと共に出演。2014年2月、2ndアルバム『ESTOILE NAIANT』をリリース。その後、2年振りとなる無料ミックス・テープ『RE-EDITS vol 2』を発表。"J $tash x Andy Milonakis x Kohh - HIROI SEKAI"のRe-editををはじめコクトー・ツインズ、ティム・ヘッカー、リハナ、デス・グリップス、サイプレス・ヒル、ジュリアナ・バーウィックらのパテンeditを披露し話題になる。2016年9月には3rdアルバム『Ψ』をリリース。トラップ、レイヴ、グライム、インダストリアルなど、ロンドンのモダン・クラブ・サウンドを解体、再構築した最先端ポップス!2017年6月には最新EP『Requiem』をリリース。

Den Sorte Skole

Den Sorte Skoleはデンマーク出身の二人組で15年近く共に活動している。彼らは音楽のジャンル間の壁の概念を壊し新しい視点でsample-based musicを撮ることで有名である。ターンテーブルやサンプラー、エフェクトマシーンを武器に、美しい音景や重たいビートやすべてを組み込むことでリスナーを暗い旅へと誘う!今回が初来日となる。彼らの主にBrian Eno,、Modeselektor そして DJ Krushなどから影響を受けている。
 
http://densorteskole.net/

Sapphire Slows

東京在住のソロ・プロデューサー/DJ。シンセサイザー、打ち込み、サンプリングなどを使い作り上げたトラックに浮遊感のあるヴォーカルをのせ、実験的でありながらも美しく耳に残る独特な世界を作り出していく。2011年に自宅の寝室で楽曲制作を開始して間もなく、LAのアンダーグラウンドレーベルNot Not Funと日本の名門インディー・レーベルBig Loveからデビュー。瞬く間に世界中のアンダーグラウンド・シーンから注目を集め、すでに複数回に渡り北米ツアーとヨーロッパ・ツアーを行った。DJとしても国内外のイベントでプレイを重ね、インディー、ハウス、テクノなど新旧さまざまなエレクトロニック ・ミュージックを独自の感覚でミックスしていくアナログ中心のプレイが評価されている。2015年にはパリで開催されたRed Bull Music Academyに参加しており、2016年にバルセロナで開催されたSonarにも抜擢されるなど、海外でも精力的に活動を続けている。
 
http://www.m-people-agent.com/artist/sapphire-slows/

patten | パテン

ロンドンを拠点とする新鋭プロデューサー、パテン。2006年にレーベル【Kaleidoscope】を設立しリリースした初期作品が高く評価され、グライムスやナイト・ジュエルらを輩出し、新人発掘に定評がある【No Pain In Pop】からデビュー・アルバム『GLAQJO XAACSSO』をリリース。ロンドンに無数に存在する異なるアンダーグラウンド・シーンが交差する場所から生まれた唯一無二の才能と称され、エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカらを引き合いに、【Warp】黄金期に通ずる実験性と音楽性の高さが絶賛された。2013年11月に【Warp】との契約を発表すると同時に、【Warp】からのデビュー作となるEP作品「EOLIAN INSTATE」を発表。その一週間後には、【Warp】と国立美術館のテート・ブリテンがコラボレートして開催したオーディオ・ヴィジュアル・イベント【Warp x Tate】に、ターナー賞も受賞している現代芸術家ジェレミー・デラー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ハドソン・モホークらと共に出演。2014年2月、2ndアルバム『ESTOILE NAIANT』をリリース。その後、2年振りとなる無料ミックス・テープ『RE-EDITS vol 2』を発表。"J $tash x Andy Milonakis x Kohh - HIROI SEKAI"のRe-editををはじめコクトー・ツインズ、ティム・ヘッカー、リハナ、デス・グリップス、サイプレス・ヒル、ジュリアナ・バーウィックらのパテンeditを披露し話題になる。2016年9月には3rdアルバム『Ψ』をリリース。トラップ、レイヴ、グライム、インダストリアルなど、ロンドンのモダン・クラブ・サウンドを解体、再構築した最先端ポップス!2017年6月には最新EP『Requiem』をリリース。

Den Sorte Skole

Den Sorte Skoleはデンマーク出身の二人組で15年近く共に活動している。彼らは音楽のジャンル間の壁の概念を壊し新しい視点でsample-based musicを撮ることで有名である。ターンテーブルやサンプラー、エフェクトマシーンを武器に、美しい音景や重たいビートやすべてを組み込むことでリスナーを暗い旅へと誘う!今回が初来日となる。彼らの主にBrian Eno,、Modeselektor そして DJ Krushなどから影響を受けている。
 
http://densorteskole.net/

Sapphire Slows

東京在住のソロ・プロデューサー/DJ。シンセサイザー、打ち込み、サンプリングなどを使い作り上げたトラックに浮遊感のあるヴォーカルをのせ、実験的でありながらも美しく耳に残る独特な世界を作り出していく。2011年に自宅の寝室で楽曲制作を開始して間もなく、LAのアンダーグラウンドレーベルNot Not Funと日本の名門インディー・レーベルBig Loveからデビュー。瞬く間に世界中のアンダーグラウンド・シーンから注目を集め、すでに複数回に渡り北米ツアーとヨーロッパ・ツアーを行った。DJとしても国内外のイベントでプレイを重ね、インディー、ハウス、テクノなど新旧さまざまなエレクトロニック ・ミュージックを独自の感覚でミックスしていくアナログ中心のプレイが評価されている。2015年にはパリで開催されたRed Bull Music Academyに参加しており、2016年にバルセロナで開催されたSonarにも抜擢されるなど、海外でも精力的に活動を続けている。
 
http://www.m-people-agent.com/artist/sapphire-slows/