イベントを読み込み中

« すべてのイベント

How High

2018/02/24

イビザとケルンを股にかけ、自身のレーベル “Anyway” を主宰するプロデューサー / DJ、ANDY KOLWESがTokyo / Osakaにてツアーが決定。
Ricardo Villalobosもお気に入りのフランクフルトの大注目レーベル “Pressure Traxx”、ルーマニアン・ミニマル中核 “All in”等からのリリースで知られるなど、注目を浴びるドイツ・ケルン出身のアーティスト待望の初来日となる。

DJ:
ANDY KOLWES (Pressure Traxx All Inn Records)

YOSKE. (LARK vinyl)
P-YAN (Artemis)
RYOKEI (How High)
SARU
MHA (Vinyl Brains)
SHINYA (Vinyl Brains)
SHOHEI

OPEN 23:00
W/F: 2,500yen
DOOR: 3,000yen

詳細

日付:
2018/02/24
イベントカテゴリー:

ANDY KOLWES (Cologne, DE / Anyway | Pressure Traxx | All Inn) 

ドイツ・ケルン出身のトラックメイカー / DJ。地元ケルンで15年以上にわたりDJとしてのキャリアを積む一方、自ら運営するAnywayをはじめフランクフルトのPressure Traxx、ルーマニアのAll Innなどのレーベル群から独創的なモダンさとトリッピーさを持ち合わせたハウスサウンドをリリース。
 2013年にハンドメイド・アートワークを施しごく少数のプレス枚数でリリースしたデビュー12インチ「Walk to the Moon」は、きわめてアナログで生々しい質感でありながら洗練されたグルーヴを放っていた。その後もAnywayから数枚のリリースを重ねながら、フランクフルトPressure TraxxやブカレストAll Innなどのレーベルにも作品発表の舞台を広げていく。なかでも、2016年にPressure Traxxからリリースした「YSL」はZipやRicardo Villalobosのフェイバリットとなり、Sunwave 19では彼らの手によってヘヴィープレイされた。
 KowlesはベルリンClub der VisionaereやHoppetosse、フランクフルトRobert Johnson、ブカレストGuesthouse、イビサIbiza Undergroundなどヨーロッパ各地のクラブで精力的にプレイを重ね、時にはサンプラーやエフェクターを組み合わせた即興的かつ有機的なDJセットも試行。まもなくAnywayから自身初のフルアルバム・リリースを控えている。
 
ANDY KOLWES on soundcloud 

ANDY KOLWES (Cologne, DE / Anyway | Pressure Traxx | All Inn) 

ドイツ・ケルン出身のトラックメイカー / DJ。地元ケルンで15年以上にわたりDJとしてのキャリアを積む一方、自ら運営するAnywayをはじめフランクフルトのPressure Traxx、ルーマニアのAll Innなどのレーベル群から独創的なモダンさとトリッピーさを持ち合わせたハウスサウンドをリリース。
 2013年にハンドメイド・アートワークを施しごく少数のプレス枚数でリリースしたデビュー12インチ「Walk to the Moon」は、きわめてアナログで生々しい質感でありながら洗練されたグルーヴを放っていた。その後もAnywayから数枚のリリースを重ねながら、フランクフルトPressure TraxxやブカレストAll Innなどのレーベルにも作品発表の舞台を広げていく。なかでも、2016年にPressure Traxxからリリースした「YSL」はZipやRicardo Villalobosのフェイバリットとなり、Sunwave 19では彼らの手によってヘヴィープレイされた。
 KowlesはベルリンClub der VisionaereやHoppetosse、フランクフルトRobert Johnson、ブカレストGuesthouse、イビサIbiza Undergroundなどヨーロッパ各地のクラブで精力的にプレイを重ね、時にはサンプラーやエフェクターを組み合わせた即興的かつ有機的なDJセットも試行。まもなくAnywayから自身初のフルアルバム・リリースを控えている。
 
ANDY KOLWES on soundcloud